医療事務の資格概要や難易度について

メジャーな医療事務資格を調べてみました。難易度も。

資格種類や難易度

without comments

難易度は?医療事務のお仕事に憧れていて、やっと決心がついて勉強を始めることにしました。
まだ小さいころ病院に行った時、受付のお姉さんがとっても親切で、大嫌いな病院でも我慢できるようになったことがきっかけです。

始めに気になったのは、
・資格が必要なのかどうか?でした。
求人を見ても「未経験OK」を良く見かけたので、もしかしたら素人でも働くことができるかも…?なんて考えました。

でも、よく考えれば「未経験」でも資格はあった方が説得力があるなって思ったんです。実際に医療事務スタッフとして働いた経験はなくても、自分の持っている知識やスキルを証明しないことには、求人に応募しても評価すらしてもらえなそうですから。
また医療事務の資格サイトを見ても資格があった方が良いと書いてありました。

それから調べたのは、
・どんな資格を取ればいいのか?です。
資格と言ってもけっこうたくさんあることに驚きました。
認定試験には受験資格が設けられているものもありましたので、自分は条件を満たしているかを確認しましょう。

養成機関の指定されたカリキュラムを履修した人、なんていう条件は今からでは間に合いません。
もちろん誰でも受験できる受験資格不問の資格もあります。

次に問題だったのは
・どうやって知識を身に付けるか?です。
実務経験もなく知識もスキルもないなんて、全く競争になりません。
応募する前から負け決定です。

わたしは手軽に始められて、経済的な負担も軽くて済む通信講座にしました。
通信なら空いた時間に自分のペースで進められるのも魅力的です。
仲間がいない状態で1人で勉強できるのかちょっと心配ですが…。

簡単に資格を取得すると言っても、難易度がどの程度なのか分かれば心の準備もできます。・どのくらいの合格率なのか?
気になったので調べてみましたが、どれも簡単ではないことが分かりました。

そして、活躍するためにはお仕事を理解しなければなりません。
・具体的にはどんなお仕事なのか?
自分に合っているのか判断しましょう。お仕事は医療業界の裏方さんです。
患者さん、お医者様、看護師さんをつなぐコミュニケーションの役割があり、レセプト業務では正確で素早いデータ処理能力が必要です。

誰でも向き不向きがあるので、かっこいい!!だけで決めないで、冷静に考えましょう。一番大切なのは、
・活躍する場所があるのかどうか?です。
資格を取っても働く場所がなければ残念ですね。

現在有資格者の求人はたくさん出ています。
病院側の条件に合うようにスキルアップを目指しましょう。

医療事務の資格は種類もたくさんあり、自分に合った資格を選ぶことができます。
興味を持っているみなさんもぜひチャレンジしてみてください。

また資格を取ってから歯医者さんで働く方もいます。
その場合は新たに歯科医療事務の資格を取得したりする事もあるそうです。
詳しい事は以下を調べてみましょう。

Written by concent

6月 3rd, 2014 at 2:02 pm

Posted in